26歳の夏 突然告げられた病名 それは絶望だった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言えない苦しみ

友達にはHIVである事を話した
大学時代のカミングアウト済みの女友達二人と
同じく大学の頃から毎日の様に遊んでいたゲイの友達一人

最初、女友達二人は「信じられない」と言った困惑した表情で
僕に何と声をかけたら言いのか、言葉が見つからない様子
それを見て慌てて僕は
「HIVの簡易検査での結果だよ~!疑陽性って言うんだ。これからもっとちゃんとした検査をするんだけどね」
と嘘をついた。
それを聞いた女友達は
「なんだ~びっくりした!でも心配だね」
と少しホッとした様子だった。

ゲイの友達はと言うと、女友達よりもHIVと言う病気が他人事ではない様で
最初とてもびっくりして絶句していたが
ギュッと手を握って
「大丈夫?」
と声をかけてくれた。
それを聞いて一気に涙が溢れ出た。。。


でも
しばらくして、このゲイの友達にHIVに感染したことを伝えたのは間違いだったと思った。

別に言いふらされたとか、悪く言われたとか、そういう事はまったくなかったけど、
何となく、今までのような付き合いができないような気がして・・・

後日、HIVではなくB型肝炎だったと訂正した。

なんとも苦しい訂正だが、
友達は「そっか。よかった」
と言って、以降この話題は一切上ることはなくなった。
まるで腫れ物にさわるかのように、そういった話題は二人の間ではタブーになった。

やっぱりHIVであることは誰にも言ってはいけない。
この苦しみは一人で背負って行かなければいけない。

そう思った。


スポンサーサイト

死の病気

当時告知直後の僕は、まだ状況を把握できないなか


主治医の言われるがまま様々な検査を受けた。


検査の結果、後頭部、首、脇、股のリンパにしこりがあったが、


それ以外は特に悪い所がなかった


リンパのしこりは時間の経過とともに小さくなって行くらしい


感染が発覚したばかりの当時の僕は、まだ何の手続きも行っておらず


検査にかかった費用が重くのしかかった。


HIVに感染するとお金、かかるんだ・・・



今まで先生が診た患者の中には不法滞在の外国人も多く


病院でHIV発覚後、本国へ強制送還される。


本国ではろくな治療も受けられずに死んで行く・・・


でも僕は医療体制の整った日本国籍を持つ日本人だ


ちゃんと治療を受けていれば


「HIVは死の病気ではない」・・・と


先生が言う。






HIVは死の病気ではない・・・







そんなの・・・嘘だ・・・






HIVは




死ぬ・・・





心が、


未来が、


希望が、


夢が、


死ぬ





にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ

葛藤の始まり

後日、告知を受けた病院で



専門の先生の診察を受けた



とても穏やかで若い先生だった





HIVに限らず、感染症を色々研究しているそうだ




これからは、この先生が僕の主治医になる





その先生が言うには


症状からして比較的、最近感染した確率が高いらしい・・・





そして先生は色々質問してくる


「アナルセックスはするのか?」


「コンドームは付けるか?」


「フェラはするのか?」


「ハッテン場には行くのか?」



まさか初対面の相手に、診察室でそんな事聞かれるとは・・・




先生の患者にはゲイが多いらしく



驚く程にゲイ用語やハッテン場に詳しい



僕もその質問に答える


「いいえ」


「はい」


「はい」


「はい」




そして僕も先生に質問をする



「本当にHIVなんですか?何かの間違いじゃないんですか?」



その質問に先生は



「残念ですがHIVに感染しています」



先生はそう答えた。





ゲイ専用ブログコミュニティ「ゲイログ」 にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ 人気ブログランキングへ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。